未成年の脱毛について知っておけば役に立つ事3選!

未成年の女の子が脱毛に興味を示していることは親御さんたちご存知でしたか?

 

 

最近では高校生ではなく、中学の女の子も脱毛に興味があります。

 

 

制服を着ているので、スカートをはいた時に足のムダ毛が気になりますし、

 

運動着を着たときは袖から見える脇の毛が気になるお年頃です。

 

 

私もうん十年前のはなしですが、学生の頃はムダ毛が気になりました。

 

 

あのころは脱毛サロンなんてなかったので、自分でカミソリなどを使って処理していましたが

 

カミソリ負けしてしまうこともあり痛い思いをした記憶があります。

 

 

今は女性用のカミソリも出ているので肌を痛める心配もありませんが、

 

最近の若い女性は毛を元から絶ってしまおうという思考が多いようです。

 

 

 

ココでは未成年の女の子が脱毛をしたい!といったときに役に立つ知識を3つ紹介しています。

 

 

若いうちに脱毛をするということ

 

未成年のうちから脱毛をしておくことで、肌を綺麗に保つことは確かにできます。

 

でも、その前に一つ注意してほしいのが「未成年=成長期」ということです。

 

 

流石に高校3年生や大学生の女の子も成長期かと言われると、

 

成長もだいぶ緩やかになったころだと思いますが

 

中学生の女の子はまさに成長期真っただ中!

 

 

 

脱毛をするということは簡単に言うと、皮膚の下に隠れた毛をレーザーで焼き切るということです。

 

今は痛みもなくパッとレーザーを当てれば終わりですが、

 

若い女性の成長途中の細胞も傷つける恐れがあることは初めに知っておいていただきたい。

 

 

まだニュースなどで未成年の脱毛についての残念なニュースは聞こえてきませんが、

 

万が一ということもあるので、できれば中学生の女の子には脱毛は我慢してもらいたい。

 

 

どうしても受けたいのであれば、サロンでスタッフの方としっかりご相談してくださいね。

 

 

親権者の承諾はほぼ必須、その理由は

 

 

未成年の契約には親権者の承諾は必須です。

 

脱毛サロンも「契約」になりますので、もちろん親の同意なしには脱毛することができません。

 

 

理由としては上記で紹介した成長途中の娘さんを預かることになるからです。

 

 

また料金も安いものなら1000円以下ですが、高ければ20万もします。

 

 

学生に20万の契約を進めるサロンはないと思いますが、そういった金額面も考え

 

親の承諾なしには受理できないようになっています。

 

 

 

隠れて脱毛することは絶対だめ

 

思春期の女の子はムダ毛に敏感です。

 

そしてできるだけ隠そうとする心理も私は理解できます。

 

 

その女の子の中には「親に毛のことを相談するのは恥ずかしい」と言って

 

隠れて脱毛サロンにいく子もいるようです。

 

 

親の承諾は必要ですが、脱毛サロンによっては来店不要にしているところもあります。

 

知り合いの男の人に頼んでサインをしてもらい、

 

電話確認をすれば契約ができる場合もあります。

 

 

 

最近は脱毛サロンも対策をしているので、そううまくごまかす事はできませんが、

 

それでも注意は必要です。

 

 

もしこの記事を読んでいる未成年の女の子がいましたら、

 

隠れて脱毛するのは絶対にやめましょう。

 

 

もし肌を痛めてしまい、病院にかかることになってしまったらどうしても親にバレます。

 

そこで怒られるより、真剣に悩みを告白して一緒に脱毛サロンに同行してもらう方が絶対にいいです。